ほうれい線ができる原因は様々

喫煙によるダメージも大きいですよ



ほうれい線ができる原因



ほうれい線ができる原因は様々で、加齢・ 乾燥 ・ ストレス ・
赤外線 ・ バランスの偏った食事・ ビタミンC不足 ・コラーゲン不足
等々・・・色んな原因があるんです。

ほうれい線を悪化させる原因を3つご覧下さい。


原因1

ハリ・ 弾力の低下による 「 しわ 」 「 たるみ 」

弾力があってハリのある若い肌は表情の変化や重力に
負けることなく「ピンッ」と張った状態を保っています。

ところが、紫外線による光老化や乾燥・ 加齢によってハリや
弾力が失われると、表情の変化によってクセ(しわ)が
つきやすくなったりもします。

肌が自らの重みを支えきれなくなってしまい、ハリ・ 弾力の低下は、
ほうれい線を深刻化させる最大の原因のひとつです。

一方で、このタイプのほうれい線はハリや弾力を取り戻せば
解消に向かうため、コスメでのケアが最も効果を発揮しやすい
タイプともいわれているので、根気強くほうれい線対策を
続けることがカギです。

⇒ 詳細はこちらをクリック



原因2

筋肉の衰えによる「 たるみ 」

顔を覆う筋肉のうち、表情の変化などで頻繁に活躍する筋肉は
全体のたった3割程度で、顔の筋肉の大半があまり使われて
いないのです。

ご存知のように筋肉は使わないでいると衰える一方です。

やがて皮膚の重みを支えきれなくなって、
皮膚が垂れ下がってしまいます。

この「筋肉の衰えによるたるみ」が引き起こす
ほうれい線の解消のカギは、ズバリ・・・「筋トレ」!

フェイササイズなどを取り入れたほうれい線対策が欠かせません。

⇒ 詳細はこちらをクリック



原因3

生まれつきの原因

ほうれい線の現れ方には骨格や筋肉の付き方など、
生まれつきの原因も大きく関係しています。

肌の衰えとは無縁な年頃からほうれい線で悩まれる人は多く、
このような方のほうれい線は骨格や筋肉のつき方が関係しています。

このタイプのほうれい線はスキンケアだけでは解消が難しいため、
美容外科でのプチ整形的アプローチを加えた対策がオススメです。

⇒ 詳細はこちらをクリック



その他の原因

喫煙

喫煙によるダメージが美肌の大敵なのは知られているところ。

もちろん、ほうれい線にも大きく影響しています。

ほうれい線やしわ、肌のくすみ具合を一目見ただけで「喫煙者」だと
わかる方が美容関係のプロの中には、いるくらいです。

ほうれい線のケアを抜きにしてもタバコは
肌にとって百害合って一利なし。

ほうれい線で悩む方は禁煙が必須。

⇒ 詳細はこちらをクリック



年齢別でほうれい線ができる原因



《10代 》・・・主に乾燥肌。


《20代 》・・・老化の始まりかもしれません。

        レジャーやリゾートなどで日焼けすることも多いので、
        ますます乾燥しがち。


《30代 》・・・筋肉の衰えによるたるみ。

        20代までと比べて、表情筋が衰えていくので、
        しわやたるみが目立ち始める。


《40代 》・・・加齢によるもので、ある程度は仕方のないものです。

        ただ、肌のお手入れをしているかどうかで見た目は
        変わってきます。


《50代 》・・・加齢によるもので仕方のないものです。

        でも、できれば消してしまいたい、目立たないように
        したいと思われるのは当然。


と、ほうれい線ができる原因は様々で年齢によって違いが
わかる事が大半です。


ほうれい線を良くする対策についてはこちらへ



Copyright(C) ほうれい線 解消 All Rights Reserved.